空想都市に迫る

空想地図を目次として、日常のあらゆる断片にズームアップ

地図に見慣れていると、地図を見ただけでも、あらゆる都市のリアリティに想像が及びます。しかし、人によってはそうとも限りません。ロゴデザインや間取図等、普段は気にも留めない日常の断片は、都市の営みの細部でもあります。地図が世界の全体像を映した目次だとすると、それぞれの日常の断片は、そこからズームアップして見えてくることです。この断片はどこにあるのか、そして他の断片とどう重なるのか…ズームアウトし、地図を見ると全体像が見えてきます。

全体像を俯瞰した地図と、日常の断片を行き来し、反芻しながら、リアリティのある地図づくりを目指していますが、地図に馴染みのない方も、こうして断片をいくつか見るだけでも、都市のリアルな日常が浮かんでくるのではないかと思います。

他にも、中村市を知る識者がいる!

私は都市地理(とりわけ商業施設と路線バス)の趣味者として、想像できる範囲を写し取っています。地理歴史の他、デザインや料理等、あらゆる識者が空想都市に入っています。あらゆる観点や角度から、あらゆる人のナビゲートで、都市はより立体的に見えてきます。ここでお届けする日常の断片は、約半分が地理人作、もう半分が各界の識者やクリエイター作です。

その他のページ

空想測量会議 第3回〈都市計画編〉
空想測量会議 第3回〈都市計画編〉
この試みは中村市を各専門の人に指摘してもらい修正する、プライドがないからできる企画です。第1回の地形編で大きく河川が変わり、第2回の歴史編では城下町の規模と寺社が変わりました。第3回はあまり地理の分野では語られない都市計
»続きを読む»
空想測量会議 第2回〈歴史編〉
空想測量会議 第2回〈歴史編〉
一人で空想都市「中村市」の地図を作ってきた地理人ですが、かねてより孤独を感じておりました。そこで、識者の意見をもらって、空想地図を修正していこう、というのがこの「空想測量会議」の試み。第1回は地形面を検証し、主に河川のル
»続きを読む»
空想測量会議 第1回〈地形編〉
空想測量会議 第1回〈地形編〉
一人で空想都市「中村市」の地図を作ってきた地理人ですが、かねてより孤独を感じておりました。孤独というより、能力の限界です。地理人も地図、地理において全知全能ではなく、知識には偏りがあります。特に地形と歴史には弱いのです。
»続きを読む»
中村市内の落とし物
中村市内の落とし物
中村市内の財布の落とし物が3点みつかりました。 女子大生の財布 こちらは女子大生の財布です。学生証に写った高校生のときの写真と、運転免許証をとったのはその後でしょうか。大学生デビューして垢抜けた印象に変わっています。実家
»続きを読む»
中村市を走る路線バス
中村市を走る路線バス
中村市の路線バスの概要 中村市には、中村電鉄、中村交通の2社2社の路線バスが走っています。青色のバスが中村電鉄、緑色のバスが中村交通です。2社の路線は入り乱れますが、中村電鉄バスは比較的中村電鉄の沿線に多く、中村交通はそ
»続きを読む»