当サイト&作者

当サイトについて

地理人(下記参照)の描く空想地図および空想都市のあらゆる日常の断片、および地理人の空想地図関連の活動をお届けするサイトです。空想地図以外の活動(仕事等)は地理人研究所のサイトをご覧ください。作者が初めてWebを開設したのは2000年4月ですが、その頃は空想地図が手描きのため公開されません。2004年にデジタルデータになったことでWebで公開されます。サイト名は紆余曲折を経て、2008年7月には「地理人研究所」となりましたが、2011年7月に空想地図コンテンツを現行「空想都市へ行こう!」に分離、2018年1月に、サイトリニューアルとサブドメインの変更を経て現在に至ります。

当サイトの素材・利用について

当サイト内、地理人作の空想地図を含めた創作物は非営利の場合、ご自由にご利用下さい(転載・加工等)。
営利目的の場合は、費用は不要ですが、こちらのフォームからご連絡、ご報告下さい
「ここを舞台に空想の二次創作」等もご自由にどうぞ。誰もが認めるリアリティだった場合、当サイトへの掲載を打診することがあります。

作者紹介

今和泉 隆行(地理人)

1985年生まれ。7歳の頃から空想地図(実在しない都市の地図)を描き、現在も空想地図作家として活動を続ける。 大学生時代に47都道府県300都市を回って全国の土地勘をつけ、2015年に株式会社地理人研究所を設立。日経ビジネスオンラインライター、ゼンリンアドバイザーを経て、都市や地図に関する情報を、多様な人につかみやすい形で提供すべく、情報デザイン、記事執筆、社員研修、テレビ番組やゲームの地理監修・地図制作に携わっている。2015年に東京ミッドタウンデザインハブ「◯◯◯も◯◯◯も◯◯◯も展」、同年HAGISO「中村市をめぐる 万物収集報告展」、2017年には都城市立美術館「南九州の現代作家たち Message2017」出展。主な著書に「みんなの空想地図」(2013年)。

空想地図があらゆる活動の発端に

空想地図制作の仕事も年に1回程ありますが、それは全仕事の一部に過ぎません。上記プロフィールで「都市や地図に関する情報を、多様な人につかみやすい形で提供すべく、情報デザイン、記事執筆、社員研修、テレビ番組やゲームの地理監修・地図制作」…というのが仕事の全体像です。それぞれバラバラのようですが、発端はつながっています。デザインも、ライティングも…発端は空想地図だったのです。