イベント・メディア情報

イベント、書籍・雑誌やWebでの記事(執筆・取材)、テレビ・ラジオの出演情報です。最新の情報はFacebookページ(あるいはTwitter)からご覧ください。こちらのサイトでは過去の実施情報を掲載しています。


各種イベント

»過去の各種イベントはこちら»

現在、年間十数回のイベントでお話しています。自主企画イベントはあまりありませんが、イベント主催者の背景や界隈がさまざまで(アート、デザイン、サブカルチャー、建築、まちづくり等)、それによって集まる人々の様子も異なりますが、いつでもどこでも歓迎です。東京在住であるため東京のイベントが多いですが、全国各地(これまで北は北海道、南は宮崎県)に行くこともあります。


展示・出展等

»過去の展示・出展はこちら»

空想地図は、地図という新しい表現手段、および地域を映したものとして、現代美術として展示される機会もあります。都城市立美術館「南九州の現代作家たち Message2017」での展示は、空想都市を味わう展示の集大成となりましたが、これまでその他、過去4回の展示がありました。


書籍・記事の執筆

»過去の書籍・記事の執筆はこちら»

書籍は、2013年「みんなの空想地図」(白水社)以降、2019年に「地図感覚から都市を読み解く」(晶文社)、「どんなに方向オンチでも地図が読めるようになる本」(大和書房)を著述しています。その他、日経ビジネスオンライン(不定期)で記事を書いています。過去にはゼンリンメールマガジン for Hobbyの執筆もしました。


雑誌・新聞・Webでの取材

»過去の雑誌・新聞・Webでの取材はこちら»

取材されるのは主に空想地図について、雑誌や新聞、Webの記事での取材もありますが、媒体はビジネス誌から女性誌、趣味誌まで、取り上げる雑誌やWeb媒体もさまざまです。ターゲットが異なる多様な雑誌やWeb媒体で、同じ空想地図作家がどう映るのかは興味深いところです。また、「地図感覚」発刊後は空想地図以外の取材も増え始めています。


テレビ・ラジオ等の出演

»過去のテレビ・ラジオ等での出演はこちら»

テレビ出演は多くはありませんが、実在しない地図という意味不明さは、バラエティーのネタとして惹き付ける点もあるようです。ラジオ出演は現在でも年に1回程あり、多彩なパーソナリティのもと、地図を眼の前に盛り上がるスタジオトークをお届けしておりますが、地図そのものをリスナーにお見せできないのが難点です。


空想地図製作実績

»過去の空想地図製作実績はこちら»

地理人研究所では受注制作で空想地図(架空の舞台の地図)を制作しています。NHKドラマ「64」等のテレビ番組(ドラマ、教育番組)の他、架空の場所を舞台にした物語の地図制作として、出版物に掲載されるものもあります。


その他のページ

空想地図の製作過程
空想地図の製作過程
テレビドラマやゲームの舞台などの、実在しない舞台の地図を制作します。地図製作は、小道具作りを叶えるとともに、設定作り、地理考証にも貢献します。製作実績はこちらをご覧ください。 絵本の舞台の場合は、絵から家並みや方角、周囲
»続きを読む»