中村市内の落とし物

中村市内の財布の落とし物が3点みつかりました。

女子大生の財布

こちらは女子大生の財布です。学生証に写った高校生のときの写真と、運転免許証をとったのはその後でしょうか。大学生デビューして垢抜けた印象に変わっています。実家ぐらしで家が伊庭山、定期券の行先は玉津ですが、学生証が弘苑学院大学なのでこちらに通っているということでしょう。彼女の生活は中村市内で完結しています。コンタクトレンズやネイルサロンの会員証、カラオケ店のレシート…なるほどこれが女子大生の日常、というところでしょうか。ピアットというイタリアンファミレスで2人でごはんを食べた後、コンビニで歯ブラシ・・・いや、普通に友達と課題を追い込む合宿してるだけかもしれませんし、深読みしないほうが良さそうですね。

男性サラリーマンの財布

武井林田銀行、SBN三興銀行、ひかり銀行…メガバンクのキャッシュカードを持ち、航空会社のクレジットカード(NAW CARD)を持つ、なるほどこれがビジネスマンかという印象です。定期券を見るに、吉森(西急出ノ町の1駅先)から榊山(西京市の都心)まで、数十分ラッシュに揉まれて通勤するスタイルです。しかし気になるのは、疲れているのでは?という心配。レシートに刻印された時刻は、遅い時間ばかり。マン喫のカードがあるのは…帰れないから?いや心配しすぎか。キャバ嬢名刺も1枚入ってます。お疲れ様です・・・!

高齢女性の財布

一気に安定感が増してきます。高齢…と言っても60代。いまや60代ってまだ「高齢」でもないような…。でも診察券が多いので、色々体のメンテナンスが必要なのでしょう。買い物も、前の2人とは異なり生活必需品の買い物が多いのが特徴的です。定期券はありませんが、駅から遠い谷芝団地に住んでいると、少し大きな買い物は平川まで出なければなりません。といっても旭丸(百貨店)のセールでタオルで買って、ちょっとお茶して帰る…堅実な生活を送っている印象です。